Jasmy League

Photo by Medienstürmer on Unsplash

■当記事は、2021年3月15日から開催された日経BP主催デジタルイノベーション2021のインタビュー内容を抜粋しております。

■今回は、トランスコスモス株式会社デジタル推進部 事業開発課 課長 森紗介様との対談内容を抜粋した記事となっております。

【新しいコンタクトセンターの在り方、ワンストップのソリューションについて】

森様:情報管理が個人主体でできると、お客様の体験価値が変わる。
コンタクトセンターが対応できる範囲が広がり、業務価値が上がる。

【あらゆる相談に応じる新しい形のこれからのコンタクトセンターについて】

森様:お客様の生活に密着した社会のインフラとして我々がサポートできたらと思っている。

【トランスコスモス株式会社とジャスミーの共同プロジェクトについて】

佐藤:在宅勤務する方や、従業員に在宅させる企業の方に安心して働いて頂けるように(トランスコスモス社と)一緒にこのプロジェクトを進めていきたい。

森様:在宅勤務体制の準備は大変だが、 Jasmyのソリューションを取り込むことでセキュリティレベルは高いまま簡単に移行ができる。
そこに期待しているし、楽しみにしている。
これが拡張していくことで、企業の垣根を超えたサポートや、お客様が困っていることを横断的に解決できるようになったらいいと思っている。

佐藤:働き方改革にも貢献しながら、ユーザーの利便性を高めて行ける仕組みを一緒に作っていきたい。

--

--

<日経BP主催デジタルイノベーション2021出典コンテンツ>インテル株式会社代表取締役社長鈴木国正様インタビュー
<日経BP主催デジタルイノベーション2021出典コンテンツ>インテル株式会社代表取締役社長鈴木国正様インタビュー
Photo by Michal Czyz on Unsplash

■当記事は、2021年3月15日から開催された日経BP主催デジタルイノベーション2021のインタビュー内容を抜粋しております。

■今回は、インテル株式会社代表取締役社長鈴木国正様へのインタビュー内容を抜粋した記事となっております。

Q:データの未来について。

A:インテル株式会社はオープンな技術という意味でデータに関しては3つの分野を有している。1つ目はデータを片端から処理する。2つ目は効率よく保存する。3つ目は、より迅速に移動させる。この3つの分野のオープンな技術をいかに利用して、個人、企業、公的機関にとってフェアな形でデータセントリックなトランスフォーメーションを起こして、データ民主化を実現するのがミッションだと考えている。

Q:データの未来について。

A:Jasmyの思想に共感している。しかし、この思想を実現することは簡単ではない。データの民主化のためにはセキュリティーの強化やデータの質の向上などが必要である。このような課題を一企業だけで解決することは難しいので、業界全体で動くことが大切になると考えている。

--

--